ドライヤー

1台で色々な使い方が出来る

自宅で手軽にヘアスタイルのアレンジが出来るストレートアイロンは、髪の毛を真っ直ぐにするための道具と思われがちですが、色々な使い方が出来ます。全体的に綺麗なストレートヘアに仕上げることはもちろん、寝癖がついてしまった部分を直したり、ワンカールを作ったり、色々と役に立つので、1台は持っていたいという人も多いかもしれません。また、縮毛矯正をするほどではないけれど、綺麗なストレートではないといった場合や、縮毛矯正をするために美容院に行きたいけれど、時間がないといった場合にも、ストレートアイロンは心強い味方となってくれます。自分で行うといった手間はあるものの、金銭的な負担を減らすことが出来ますし、上手く行かなかったとしても、何週間もそのままの状態が続くといったことがないので、気軽に挑戦出来るといった良さもあります。尚、低価格のものから多機能で高価格のものまで、色々なものが販売されているので、予算に応じて商品の購入をすることはもちろん、個人の使い勝手に合わせて、商品選びが出来るところも嬉しいところではないでしょうか。複数のアイロンを用意する必要はなく、1台あればストレートもカールも可能ですので、ヘアアレンジの幅が広がるのは間違いありません。

好みや使い勝手に合わせた商品選びが大切

ストレートアイロンは、2枚のプレートの間に髪の毛をはさみ、滑らせるようにして利用します。髪の毛には熱が加わると同時に、物理的な圧力も加わるので、伸ばしたり、あとをつけたりといったことが容易になります。商品の大まかな違いは、プレートの大きさと設定温度、コテや機能の有無です。プレートが大きいほど、1度にはさめる髪の量は多くなり、設定温度が高くなるほど、短い時間で仕上げることが可能になります。そのため、髪の毛が長い人や量が多い人には、プレートが大きく、高い温度を設定出来るものが向いており、髪の毛が短い人や量が少ない人には、プレートが細いものが使いやすくなります。また、髪の毛をストレートにするだけでなく、カールも楽しみたい場合には、2wayタイプのものが便利です。コテが中央でわかれる形になっているものや、アタッチメントを付けて利用するものが主流ですので、好みや使い勝手に合わせて商品を選ぶと良いでしょう。尚、熱のダメージから髪が傷まないようスチーム機能が付いたものや、静電気を抑えるためにイオン機能が付いたものもあります。多機能になるほど価格は高くなると言えますが、同じ商品でも髪の毛の量や質が違えば、使用感や仕上がりは変わって来ます。自分好みの商品を見つけることが欠かせません。

長方形バナー2

正方形バナー1

TOPテキストリンク1

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク1

TOPテキストリンク2

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク2

TOPテキストリンク3

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク3

TOPテキストリンク4

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク4

TOPテキストリンク5

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク5

長方形バナー1

長方形バナー3